依頼者との関係

東京で家政婦と依頼者とがどのような態度で臨むべきなのかは、実はそこまで迷うような事はありません。かつてのように、居候して四六時中共に過ごすような家政婦であればやはり依頼者との関係もある程度は意識しなければならないものでした。雇われているという立場である以上、言葉づかいや配慮、例えばお風呂にしても必ず最後に入るよう気を使わなければならないものでした。

ですが現代の家政婦は寝食を共にするようなものではありません。場合によっては依頼者と会わないケースさえあります。ましてやあくまでも仕事として向き合っているのですから、必要以上にへりくだる事もありません。お代を頂いてサービスしているのですから、通常のサービス業同様、丁寧さは求められるものですが必要以上にへりくだる事はありません。仕事上の関係なのですから、依頼された事に対して忠実にこなす。それだけです。

賃金のシステムもしっかりとしていますから、かつてのように依頼者のさじ加減で賃金や待遇が変わると言った事はありません。家政婦という名称ではありますが、近年の家政婦はシステム面においては整備されていますので、かつてのように依頼者側が断然有利という訳ではないのです。