家政婦の掛け持ち

かつて家政婦と言えば家に居候のような状況となり、家事全般をこなすものでした。ですが、東京ではそのような形に縛られて働く必要はほとんどありません。短時間だけちょっと手伝ってもらいたい。そのような人が多いですから、居候して家政婦で働くという事もなければ、そのような時には考えられないものですが家政婦を掛け持ちするようなケースさえあるのです。

そもそも家政婦は一人一軒しか担当してはならないと定められているものではありません。午前中はとある家で掃除をして、午後は違う家で子供をあやす。そのようなケースはもはや珍しい話でもなんでもありません。むしろ当たり前のようにあります。これは依頼者の傾向が長時間つきっきりのものではなく、短時間だけの依頼になっている点が多いです。

一日ずっと家にいてもらうような案件よりも数時間、あるいはそれよりも短い時間で済むような案件をと考えている人が増えていますので、結果、掛け持ちが珍しいものではなくなっているのです。短い時間の場合、二件以上のお宅の掛け持ちをしているケースもあります。このように、家政婦もまた、時代の流れと共に労働スタイルも変化してきているという事が言えるのです。