家政婦に必要な事

家政婦、特に東京で働きたいと考えているのであればどのような事が必要なのか。それはずばり、何よりも指示をしっかりとこなす点にあります。これが家政婦の役割なのですが、決して何かを自分で生み出す訳ではありません。家政婦のイメージと言えば家事をそつなくこなす事かもしれません。

料理を作り、掃除や洗濯を行う事が家政婦としての役割だと思っている人も多いかと思いますが、これはいわば旧来のイメージであって必ずしも現代社会の家政婦に必要な事ではありません。案件によりけりですが、料理さえ行わないようなケースさえ珍しくありません。つまり、家事のスペシャリストである必要はありません。

家政婦に求められているのは家事のスペシャリストではなく、自分では出来ない事を普通にこなしてくれれば良いものであって、高級料亭でしか食べられないような料理を作ってもらいたい訳でもなければ、塵一つないような、それこそカビそのものを消し去る程に掃除を行ってもらいたいというものでもありません。あくまでも依頼者の指示次第であって、その依頼をこなす事が出来るかどうかですので、必要なスキルは実は案件次第です。家事が出来るに越したことはありませんが、出来なければ出来ないでも可能なのです。