東京と家政婦の関係

家政婦の需要要因と東京という都市の関係がどのようなものなのを知っておくとなぜ東京で家政婦のニーズが高まっているのかも理解する事が出来るようになってきます。その理由はやはり東京という土地にあります。東京は日本の中心である事は今更説明するまでもない事かと思いますが、都心回帰の動きが活発しているおかげで都心に人が集まっているのです。

これが何を意味しているかというと、幼い頃から東京で暮らしていたのではなく、大人になってから東京で暮らすようになる人が増えているのです。つまり、知り合いがいないのです。幼い頃から住んでいる所であれば、仲の善し悪しは別としても知り合いくらいは近くにいるものです。ですが大人になってからですと仲そのものがありません。

かつてであれば隣人に頼めたような事も、現代社会ではすべて自己責任で行わなければならないような事が増えてしまっているのです。例えば宅配便。かつてであれば隣の人に代わりに預かっててもらうのも当たり前でしたが、隣人であっても知らないような間柄ですと頼む訳にもいきません。ましてやそれがトラブルの温床になってしまうのではないかという危機感もありますので、自分で何とかしなければならないのです。その延長線上に家政婦がいるのです。