東京の経済規模

家政婦として東京で働くのであれば東京の経済規模がどれくらいなのかも知っておくべきですが、東京は一極集中、都心回帰とも言われているように東京に物も人も集まる動きが加速しています。地方よりも東京に近い方がサービスも充実していますし、便利な生活を送る事が出来る。そのような思いから、都心に人が集まり始めているのです。

鉄道網を見ても東京の路線図はまるで迷路のように入り組んでいます。地方とは訳が違いますが、それだけ便利な生活を送る事が出来る事を意味しています。東京では車がいらないと言われているのはそれだけインフラが整備されているからでもあるのです。ですがその分地価も高くなっている現実があります。

二極化との言葉もありますが、経済的にも大きな収入を得ている人もいればそうではない人もいるのです。家政婦も立派な仕事の一つですが、家政婦として働くのであればそのような事情となっているという事くらいは理解しておくべきです。家政婦もまた、職業の一つなのですから働く場所の経済事情程度は知っておくべきです。経済は需要と供給で成り立っていますが、なぜ家政婦の需要があるのかと言えば、それだけ様々な人がいて、様々なライフスタイルの人がいるからです。